乱世を生き抜く原理原則を伝える人生学習塾「格闘塾」

人生学習塾「格闘塾」

  1. ホーム
  2. 塾生募集について

塾生募集についてNEW STUDENTS

中高生の塾生を若干名募集します

私は今年62歳になりました。
昭和、平成、令和と生き抜いてきて、この国はヤバいと感じています。

1)日本の現状
2)これからの時代
3)これからどんな能力が子供たちに必要なのか
4)格闘塾は何を提供するか
5)募集要項
という順番で、お話していきます。

1)日本の現状

2019年の暮れに衝撃的な図表を見ました。
これです。

平成元年と平成31年の世界の主要な会社の比較です。
オレンジ色が日本の会社です。ランキングは50社まであります。
日本は、50社中、32社を占めていました。アメリカが17社、イギリスが1社でした。
それが、平成元年
そして、平成31年は、50社中、アメリカが31社、中国7社、スイス3社、
他9カ国が1社ずつ。日本も、32位にトヨタが1社ランクインしているのみです。

この30年間で、日本の凋落を感じ取ることが出来ると思います
日本は、なんとか先進国の一員ですが、この先、大丈夫でしょうか?

そして、一番私が気になっているのは、こちらです

あちこちで、ご覧になったことはあると思いますが、
今一度じっくりみてください。

日本は、2004年に、1億2784万人だったのをピークにして、減少傾向です
毎年130万人ずつ減っています。世界最速なんだそうです
2015年 1億2700万
2030年 1億1000万
2050年   9515万
2100年   4771万
2200年   1380万
2300年    450万
2900年        6000人
3000年        2000人(日本人が絶滅危惧種!)
という机上の計算結果が出ています。

日本はこれだけ減りますが、世界の人口は爆発します
2020年 78億
2030年 85億
2050年 97億
2100年109億
という予想もあります。

先進国の人口は徐々に減り、発展途上国が伸びていきます
先進国の中でも、日本の少子高齢化は群を抜いています

これが、現状です。

これらを踏まえて、
これからの日本はどんな日本社会になるのかを考察すると

1)人口減少
2)超高齢化
3)巨額な財政赤字
4)維持できない年金、健康保険
5)変われない日本の旧制度
6)コロナの影響

こんな状況の中で子供たちは生きていかなきゃいけません

教育は、その時代に活躍できる人材を輩出するためにあると考えています。

今、子供たちに与えている教育が、未来を生きる子供たちのためになるのか、
いつもこの疑問は消えません。

そして、コロナ禍、教育格差も目にしました。
3月に学校が休みに入りました。
私の塾生が通っている私立中高は、休みになった一週間後には、オンライン授業を開始しました。また、オンライン授業と並行して、スタディサプリを使い始めて、授業の穴を埋めていきました。
宿題は、入学時に全員が購入したiPadに送られてきます。
そして、宿題をアップルペンでやり、回答は、送信ボタンを押すだけです。
集まった宿題を先生は集計して、間違いの多い問題に関しては、
すぐに動画を作成して、生徒へ配布し、生徒はそれを復習としてみることで
新しい知識を定着させていました。

一方、公立中高に通う塾生は、2週間に一度、登校日があり、午前中は出席番号偶数、午後は出席蛮行奇数の生徒が登校しました。そして、ソーシャルディスタンスを考えて、体育館に集められて、生徒は先生からプリントの山を渡されていました。そのプリントを次の登校日までにやってくる。次の登校日には、紙のプリントを自分で丸付けをして、先生に渡す。この繰り返しでした。

これが、私学と公立の差なんだなぁと、しみじみ思いました。
友人の公立の中学校の先生は、オンライン授業をやろうと校長に提案したそうですが、パソコンやタブレットを持っていない家庭と差が付いてしまうので、却下されたそうです。

これが先進国、日本の現状です。

今年、iPhoneが出てから10年目、ipadが出てから13年目
世の中を大きく変えました。
世界で、スマホを持っている人、78億人中52億人、約70%の人が使っています。この流れは止められません。
会社などでは、スマホなくしては仕事が出来なくなっています。
でも、使えないところが一つだけあります。そう、「学校」です。

今、世の中に必要な能力は、暗記ではありません。
膨大な情報をいかに活用できるか、です。
でも、学校は、日本の入試が暗記一辺倒になっているからでしょうか、
管理が大変になるのか、学校にWi-Fiがないからか、持ち込み禁止がほとんどです。

社会から、完全に「ガラパゴス化」しているとしか思えません

いかりや長介を呼んで、締めの言葉を言ってもらいましょう
「だめだぁ、こりゃあ!」

6年前に、全面的にスカイプを使ったオンライン授業に変えたときにも、
賛否両論ありました。が、昨今は、「先見の明がありますねぇ」なんて言われています。
そこで、このまま、旧態依然として、学習塾を継続していても、子どもたちのためにならない。それならば、子供たちのためになる学習塾へ変身しようと決めました。
チョンマゲを落とし、下駄を脱ぎ、刀を置き、洋服を着て、靴を履く、
焼け野原を見ながら、大日本帝国憲法を捨て、財閥を解体し始める
そんな明治維新や大戦後のような、「創造的破壊」を断行することにしました。

格闘塾ファイトクラブは、
乱世のこの世を生き抜く原理原則を伝授する人生学習塾
へ舵を大きく切ります。

世界的ベストセラー「サピエンス全史」を書いたユヴァル・ノア・ハラリ教授が
18歳の学生の、「大学に行くべきかどうか?」という質問に、こう答えました。

1)未来はだれにもわからない
2)過去の教育は、深い基礎を持った家を作るようなもので
今の教育は、テントを張ること。
畳んですぐに次の場所に移りすぐに張れる、そういうもの。

これからの時代、どう変化していくか、想像がつきません。
人生を長く生きていると、10年に一度くらいは、
自分の人生ロードマップを書き換えなきゃいけないようなこと、
コロナのような事象とか、災害とか、肉親の死、転職など
あるものです。
そして、人生は100年時代です。
企業の寿命は、20年と言われる時代。
転職、起業など当たり前の時代になることでしょう。

3)これからどんな能力が子供たちに必要なのか、

学び続ける力、
これしかないと思います

時代の流れが加速しています
ビッグデータ、IOTと騒がれ、今や、AIがもてはやされて、
次は、ブレインマシーンインターフェイスだと言われています。
(何がなんだか?という方は勉強してください!)

このご時世、正直、何を学ぼうが、どこの有名大学で学ぼうが、
学んだ途端に、陳腐化していきます
技術革新が速すぎるからです。
だから、最先端の知識を「学び続ける力」が必要です

そこで、どんな時代でも使える基本的なスキルは何か、考えました。

1)国語力
2)読むこと
3)書くこと
4)話すこと
5)聞くこと
6)プログラミング
7)数学
8)英語

この8つが基礎力になります。

1)国語力

国語力とは、
1)言語能力
2)コミュニケーション能力
のこと。

・言語能力とは、ふたつ
a)その言葉で自分を表現できるか
b)誰かの言葉を理解できるか

・コミュニケーション能力とは、
その言葉を使って、
誰かと意思疎通が図れるかということ。

人が動物と違う点は、
言葉を発明し、
それを磨き上げ、
自由に使いこなしていること。

文化は言葉の上に成立している。
だから、言葉をしっかりと学ばないと
深く濃い人生を味わうことができない。
深く濃い人間関係を味わうことができない。

その国語力を使って、身につける4技能
2)読むこと
3)書くこと
4)話すこと
5)聞くこと

文章を速く的確に読み、相手の思いをしっかりと理解すること
人を引きつけ、感動させられる文章を書く、物語を綴れること
人を魅了し、感涙させられる話、プレゼンができること
人の話をきちんと傾聴し、相手の意図を理解できること

6)プログラミング
世の中のものがコンピュータで動かされる時代
コンピュータはプログラムで動いているので、
そのカラクリを知ることは、自分の人生の幅を広げ、
プログラムや次に述べる数学を学ぶことで、
論理的思考を手に入れられる

7)数学
世界の共通語である論理的思考を図形や数を使って学ぶ

8)英語
ネットで世界がつながっている時代、共通語である英語は
使えるように学ぶ

これらがこれからの時代を生きる子供たちに必要なことと思います。

時代が求めるものが変わってきているのに、
教育だけは旧態依然です。
気づいた人がかえていくしかありません。

4)格闘塾は何を提供していくか

人生学習塾「格闘塾ファイトクラブ・ジュニア」では
下記の塾訓が体現できる人間を輩出することを目的としています。

1.また会いたいなぁと思われる人になること
2.自分の弱い心怠け心に負けない我勝道を極めること
3.約束や決めたことは鬼愛で守り抜き、凡事徹底を貫くこと
4.自分の人生は自分で切り拓き、文武両道を体現すること
5.この生は命懸けのゲームと心得、大いに楽しむこと
6.この世は諸行無常であり、心ひとつの置き所と知ること
7.毎日を本鬼の本気で生き切り、即断即決即行を心がけること
8.神様からの功徳を知り、時間を効率的計画的に使うこと
9.日本男児・大和撫子として、弱き人を助け、地球を守ること
10.人生は一度きり、熱く明るく笑顔で元気よく、人に温かく爆走すること

そして、教育を、このように定義しています

教育とは、自己肯定感を最大限に高め、人生を生きる基本原理を伝え、
人を幸せにし、世界平和を実現するもの。
周りの人に、また会いたいなぁと思われ、喜んでもらえる能力と人間力と
体力を兼ね備えた人を輩出すること

そのために、能力、人間力、体力の3つに分けて、指導します。

心を鍛えること = 人から好かれる人間力の養成
頭を鍛えること = 頭の使い方と勉強方法を身に付ける
体を鍛えること = 鋼の如き肉体に鍛え上げること

<能力>

勉強とは、知らないことを知ること
勉強の目的は、自分の命を燃やす場所を見つけること
なぜなら、学びはレンズであり、アンテナだから。

中高生の目で世の中をみると、ぼやけて見える
なぜなら、レンズが合っていないから
勉強を積み重ねる、つまり、知らないことを知るようになって、
ようやく、世の中が、徐々に見えてくる
そして、知識が深く広くなることで、自分の理解のアンテナが広くなる
だから、自分のやりたいこと、自分の命を燃やす場所、
自分の命をかけて守る人に出会うことが出来る

国語は、全ての基本
数学は、図形や数を通して、論理的思考を学ぶ
理科は、身の回りの自然現象を学ぶ
社会は、人間が営む社会の仕組みを時間と場所を超越して学ぶ
英語は、自分の思いを世界に初受信して、世界平和のために学ぶ

これらを深めることで、自分の能力の基礎となる学力が高まり
人生100年時代を生き抜き変わり続けるための能力を学び
変わり続けることを恐れない人になる

格闘塾塾生心得十箇条があります
1.勉強の目的を明確にする
2.志望校を決め、目標を定める
3.受験は自力で自分の人生を切り拓く人生のプロジェクト
4.時間管理を徹底しテーマを決めて日々生き切る
5.我勝道に徹する、ライバルは昨日の自分
6.凡事徹底を貫き、誰にも負けない「そこまでやるか」の努力を積む
7.文武両道を体現する
8.起きている間はすべて勉強!
9.教材を絞り徹底反復し、基礎を徹底的に固める
10. 常に熱く明るく笑顔で元気に、人に温かく、すべてに感謝をして、
自分を信じて絶対に諦めないこと

この十箇条をもとに、まずは、各科目の勉強法から伝授していきます
・計画の立て方、守り方
・効果的勉強法の伝授
・ノートの取り方、授業の受け方等
・試験対策の仕方
・答案作成術
・論理的思考術
・人前での話し方
・文章の書き方
・独学方法
・プログラミング学習(時間の取れる夏冬休み講習でやります)
・パソコン(Word、EXCEL、PowerPointの活用)
・スマホ(各種アプリの使い方)
・ネットのルール、マナー

<人間力>

「また会いたいなあ」と思われる人になるために
毎月一冊課題本を読破し、感想文を書き、私と討論します。
毎週一本課題講演会を聞いてもらい、感想文を書き、私に報告します

他に教える項目としては
・ライフデザイン術(人生マニュアル、ロードマップ、自分憲法)
・生活術(整理整頓、お金、素敵になるため、身体と心の管理)
・計画術(自分で自分の未来をデザインすることが計画、時間の使い方)
・凡事徹底術(計画をいかに守るか、いかに継続するか)
・我勝道術(自分に負けない心構えの養成)
・読書術(本の読み方、まとめ方、活かし方)
・人生航海術(因果の法則、自分源泉、善解感返)
・人間関係構築術(友達、自分との付き合い方、気持ちの伝え方)
・夢の叶え方(夢の持ち方、維持の仕方、叶え方)
・感性の育て方
・独自性の磨き方
・圧倒的行動術
・思いやりの実践の仕方
・簿記3級、ファイナンシャルプランナー3級(高校生以上)
を伝えていきます

最終的に、どんな人になって欲しいか、
こちらの動画にあります

そんな人達が集まって、どんな世の中を作って欲しいか
こちらの動画にあります

未来を生きる子供たちに期待します

<体力>

健康で、鋼の如き肉体を手に入れるために
・基礎体力養成術
・食事の管理
・睡眠の管理
・精神の安定術
・健康的生活習慣術
を伝えていきます

「格闘塾ファイトクラブ・ジュニア」は、既存の塾とは違います。
勉強だけ、成績の向上だけを目指すなら、他塾へ!

「また会いたいなぁ」と思われる日本男児、大和撫子を育てるのが
格闘塾の存在理由です。

<授業方法>

授業形式は、ZOOMを使い、1対1の完全個別指導です。
よって、現在の塾生は、遠くは、南はタイのチェンマイ、北はアラスカ
西はアフリカ、日本国内あちこちからも、受講してくださっています。
不登校の塾生3名も、元気にがんばっています。
ひとりは、英語が好きで、中3なんですが、英検2級に合格しています。

格闘塾では、
授業の半分は、学校の補習(主に英語と国語)
授業のもう半分は、人間としての基礎力を学びます

教える項目としては、下記のようになります
カリキュラムとしては、塾生の能力、状況を見て決めていきますが、
まずは、効果的な学習方法全般を叩き込むことが最初にすることです。

5)募集要項

☆中学普通生:若干名募集
(週3~5日:塾生の状況によります)
スタディサプリなどを使い、自分で学びを効率的に出来るように
勉強法と自己管理法を徹底的に叩き込みます
中学五教科をみますが、テスト期間のみ
テスト期間以外は、国語英語数学と能力人間力体力の指導が半々です。
プログラミングなどは、夏休みに集中してやります

☆中学英語専科生:若干名募集
(週3~5日:塾生の状況によります)
一年目:中学・高校の英文法を全て終了させて
二年目:オンライン英会話を利用して、二年で話せるように特訓します
中1で英検3級を取り、中学卒業までに英検2級が目標です
国語英語:能力人間力体力指導が半々です
☆英語専科ですが、国語が基本なので、指導します

☆高校英語専科生:若干名募集
(週3~5日:塾生の状況によります)
一年目:中学・高校の英文法を全て終了させて
二年目:オンライン英会話を利用して、二年で話せるように特訓します
高1で英検2級、高校卒業までに英検準1級が目標です
英語のみの指導ですが、国語力が弱い場合は、国語もやります。
基礎から大学受験、英検、TOEFL、TEAP受験まで、面倒を見ます
国語英語:能力人間力体力指導が半々です

これを読んで、興味を持たれた方は、
もう少し詳しく思いを綴った入塾案内をご請求ください。
それを読んでいただき、私の出演したラジオ番組を聞いてください。

大人向け格闘塾塾生のひとりが、ポッドキャストをしており、
そこで、私は毎月一回1時間、いろんな話題について話しています。
DIYで人生をサーフィンするラジオ」です。

その中の、第50回、第51回、第52回分の放送を聞いてください。

第50回特別企画Vol.1 少年院あがりの不良少年を名門知り大学に合格させた、ある塾講師の物語
第51回特別企画Vol.2 今いる場所は天国か地獄か。令和という時代を愉快に生きるための道具とは?
第52回特別企画Vol.3 勉強とは、「知らないことを知ること」。人生100年時代を生きるために勉強せよ

です。私の人となりを理解していただけるかと思います

お問い合わせは、
kakutojuku@gmail.com
「入塾案内希望」
の題名でメールしてください。

よろしくお願いします

今日も
いいこと言って
いいことして
いいこと思って
いい人になろう
(三重県伊勢市「修養団」中山靖雄先生のお言葉)